えなねこ!ロリコン上級者のタイ旅行30日間! 12話

注意
このページは12話目です。まだ以下の話を読んでいない方は先にこちらからどうぞ。
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 1話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 2話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 3話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 4話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 5話
ナコーンラチャシマー県突入↓

口リコン上級者のタイ旅行30日間! 6話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 7話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 8話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 9話
ウドンタニー県突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 10話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 11話

 

ガリガリの頑張る自転車おやじの自転車に乗りキコキコと音をたてながら超低速でオ‡ヤを目指す。

 

 

自転車おやじのまさかのアシストにより新しくウドンタニーにできたという変.TAIスポットに到着。

果たしてここには、どのようなタイっ子がいるのか。以前賑わってたような無毛のでちゅ。存在するのか?期待は膨らむ。

 

 

しかし現れたのは無毛のでちゅ。とは程遠いタイっ子たち。年齢を聞くと18歳といっている。おしいな。もう少しでプチプレミアだったのに。

18歳となればもはやババア。法律でも何しても合法。ふうぞ<でピン子ペロペロしようが、AVに出演しようが自由。つまりババアである。

 

日本ではキモオタのえなねこだがタイではジャニーズ級にモテるのだ。タイ人の美的センスはどうなっているのであろうか。

 

 

普段日本では女の子から相手にされないがタイでは違う。お金をチラつかせたわけでもないがこのモテっぷりだ。

日本では あっ。あっ。と、いちいちごもりながら喋るえなねこもタイではイケイケ。

YOU!おっP触らせなよ。とイケメンキャラを演じハーレムをすぐさまに作り上げるのだ。日本のイケメンって常にこのような感じなのでしょう。うらやましい。

 

 

この場所は勝手にえなねこオ‡ヤと命名。年齢はみな18歳の現役女子大生。ついこの前までJKか。しかしJKではなく現在はJDになってしまった以上なんの価値もない。

 

 

左から2番目の子のLINEのタイムライン(日記みたいなもの)を見てみると制服を着るJKの姿が。

やはり化粧をしない方が口リは輝く。素朴な感じが一番だと再認識させられる1枚である。化粧は口リ度が極端に損なわれてしまうのです。

 

 

とにかくこの店は女子大生だらけのバービアであった。もちろんマクロスも交渉次第で可能となる。

JD大好き紳士にはたまらないスポットと言えるが、超ド級口リコン紳士であるえなねこにはつまらない場所であった。

 

軽くお酒を飲みながら考える。明日にはバンコクに帰らないといけない。この旅も終わりか。無毛のでちゅ。マクロスできずに終了だな。

と、この旅を振り替えりながら女子大生のビー地区を摘みながら酒をのんで旅を思い振り返る。

当然だれともマクロスすることもなく一人さびしくホテルへと戻った。

 

翌朝

今からバンコクに帰り明日の飛行機に乗らないといけない。てかどうやって帰れば良いのか。バスは何時に出ているのだろうか。

 

 

iPhoneで情報を集めウドンタニーのバスターミナルの場所を確認。赤枠の位置にあるバスターミナルからバンコクに行くバスが出ている模様。

今回の旅では口リゲットならず確実に中学生でちゅ。といったオ‡ヤがあるはずのウドンタニーですらスカりノー口リといった結果に。

敗北感を感じながらバスターミナルを目指す。

 

 

タイ旅行に来た当初はバンコク内のみで口リを探すという予定だったのにナコンラーチャシーマー県へ行き、さらにはタイ東北都市ウドンタニーまでやってきてノー口リで終了。

こんなことが許されるのか!?そしてiPhoneでタイの地図を眺めるえなねこ。

 

 

ウドンタニーからノンカーイ県って近いな。てか、隣だな。と思いノンカーイについてiPhoneで調べてみる。

すると衝撃的事実が!ノンカーイには中学生でちゅ。といったびっくりするようなでちゅ。とマクロスができるという情報が多く見受けられたのだ。

 

ウドンタニーからノンカーイまでミニバン(小さなバス)で簡単に行けるらしい。ここで思った。

2日後に帰りの飛行機のチケット買ってあるけど、必ずしも乗る必要はない。ここで初めて気づく。

 

 

しかしタイにこだわり割と高めの航空チケットであるタイ航空をチョイスしていたので捨てるのは相当な覚悟が必要である。

さらに日本にいないと稼ぐことができない(パチスロ)。つまりタイ旅行をしている時間は旅費で資産が削られ、仕事もできないので本来稼げるはずの収入をマイナスしたものが損失額ということになる。

 

例としては平均1日に1万円の収入があるとして仕事をストップしてしまうと1日ごとに1万円の損失になるというわけだ。

 

旅費で使うお金+1日あたりに稼げるであろうお金=旅行コストということになる。これを考えるとかなり胸が痛い。

 

 

しかし口リっ子をゲットしてくんかくんかするのが人生。ワカオン(若い女)を抱かずして生きてる意味があるのか?抱かないのであれば何のために生きてるのであろうか。

そんな人生カメムシと同じだ!口リを抱かないなんて生き物として正しくないよな!そうだよな!

 

ピコーン! 

 

ドッカーン! 


継続!

帰りの飛行機のチケットを捨てることを決意。これが口リコン魂だ。口リに対する敬意とはこのような行動のことをいうのではなかろうか。

日本人はタイに入国するのにVISAは必要なく30日間タイを観光することができる。つまりあと22日間は自由。フリーダム。

 

クレジットカードを持っているのでタイのATMでキャッシングできるので軍資金の問題もない。

 

 

ノンカーイ行きのミニバスはウドンタニーの街のシンボルというか、唯一の巨大建造物セントラルワールドの正面入り口から乗る事ができる。

 

 

セントラルワールドのこんなロータリーからバスが本当に出てるのかと日本人の感覚からでは信じがたいが本当にチケット売り場があり、ミニバスに乗ることができる。

 

 

50Bバーツのミニバンのチケットを購入し何時にバスは出るんだ?と尋ねると今だ!早く乗れ!

1Bバーツは
3.24

超ラッキーな展開に。タイでバスや電車を待つと本数が少ない+遅れてくるということで1、2時間待つのは当たり前。そんな常識の中で待ち時間0分!

 

 

このミニバンは7人くらい客が乗車しているが、席により当たりハズレが激しい。えなねこの席は冷房がまったく当たらないので汗だくになりながらの移動となった。

このミニバンは目的地ノンカーイに直行するのかと思いきや20分に一度停車して人が降りたり乗ったりする。若干イラつきながらノンカーイへと向かう。

 

 

乗客に口リっ子はいない。この旅はとことん口リに見放された旅である。

これだけいろんな所にいってるの口リっ子とお話しすらできてないという異常事態。普通こういった乗り合いバスに口リがいて 狭いね〜 身体当たっちゃうのはしょうがないようね〜 と言いながら口リといちゃいちゃするのが普通だと思うの。

口リ運に突き放された旅であるがノンカーイに行けばなんとかなるはずだ。

 

 

ウドンタニーのセントラルワールドからノンカーイまで普通に行けば55分と1時間もかからない。

途中大学に停車したり、イライラするほどあちこち停車しまくり結局2時間ちょいでノンカーイ到着。

 

 

ほう。ここが噂のノンカーイか。ここには間違いなく口リっ子がアヘ顏ダブルピースしているとうオ‡ヤがあるんだな。

ついにノンカーイ県まで突入したえなねこ。この街ではいったいどんな事が起こるのか。次回に続く!

 

 

続きッ!

口リコン上級者のタイ旅行30日間! 13話

 

 

 

えなねこのブログがもっと読みたい。
↑解決!

 

 



 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です