えなねこ!ロリコン上級者のタイ旅行30日間! 23話

注意
このページは23話目です。まだ以下の話を読んでいない方は先にこちらからどうぞ。
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 1話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 2話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 3話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 4話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 5話
ナコーンラチャシマー県突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 6話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 7話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 8話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 9話
ウドンタニー県突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 10話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 11話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 12話
ノンカーイ県突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 13話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 14-A話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 14-B話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 15-A話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 15-B話
ラオス突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 16-A話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 16-B話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 17-A話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 17-B話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 18-A話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 18-B話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 19-A話
ラオス脱出!ノンカーイ県再突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 19-B話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 20話
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 21話
ウドンタニー再突入↓
口リコン上級者のタイ旅行30日間! 22話

 

ウドンタニーに残されたオ‡ヤがないのか一通り徘徊しホテルに戻る。その途中にあるバービア軍を歩いてると一人のタイっ子が手招きしていたのでバービアに入る。

オープン前でまだ化粧もしていない状態である。食事が済んだら化粧して夕方からオープンのバービアに備えるとのこと。

 

 

タイっ子は自腹でビールを購入し、ビールを飲みながら食事をしていたのでかなりの酒好きなのであろう。

ビールを一時も手から離すことなく常に持ち歩いている。年齢は若く見える綺麗な30歳のおばさんかな?と予想したが23歳との事。

 

 

顔や身体はまあまあ良いのだが仕草がワイルドすぎる。海賊の女カシラのようなイメージ。この例えがかなりしっくりくる。

タバコは吸うし、パパイヤの硬い部分を口からペッっと豪快に道に吐く。これはオ力マじゃない。間違いなく女だ。そしてこの乳も天然だ。

 

 

店が始まったらディスコいこうよと言われるが考えておくと返事し、話を流した。

緑のパパイヤを食べろ!うめぇぞ。といって無理やり食わされたりしたが、話をしていてなかなかおもしろい。そして肌が白いので身体を触ってみたいと思ったことは否めない。

 

 

ビールを本当においしそうに飲むので、その飲んでるビールは俺が払ってやる。さらに、もう一本おごってやるというと大喜び。お礼はないのか?と言い、谷間に人差し指をいれてみた。

5回ほどプニプニと人差し指で谷間を突っつき亀仙人のようにパフパフしようと胸に顔を近づけたら逃げられてしまった。

 

 

実は右のタイっ子が最初にえなねこを捕まえてそれを横取りしたのか海賊ガシラなのであった。

海賊ガシラの偉いのかパシリにされる右のタイっ子。

 

 

片付けろよと指示を出す海賊ガシラ。この店でもこのタイっ子女子2人がえなねこを取りあうという形になり、やはりウドンタニーはモテる。

桁がちがう。ジャニーズ完全に超えてます。普段は秋葉原でJr.アイ ㌦やエ口ゲみながらハァハァしている口リコンもタイではジャニーズ扱いです。

 

 

じゃあ、化粧するから夜に店始まったらディスコいこうな!ペイバーしろよな!といって海賊ガシラは去っていった。

多分ペイバーしたら1500Bバーツで濃厚マクロスできるだろうなぁ。今夜口リっ子が見つからなかったらこの子とマクロスも悪くないな。ピン子よ、それでも良いよな?

ピン子「ピキーッ!」

 

 


前回訪問時ウドンタニーのバービアの様子

というか実はウドンタニーに進路変更した理由がもう1つあって彼女らからラオスに行ってる間もLINEが頻繁に来ていてウドンタニーにまた来て欲しいという熱い要望があったのだ。

 

イケメンはそれに応えなければいけないのである。日本のキモオタがタイでイケメンとしてフィーバーしてる現象を自分でもニタニタしちゃう。

 

日本では女性にはとことん相手にされることはない。コンビニでもお釣りを返される時にキモがられてるのか投げるようにお釣りを渡されるという仕打ちを日本では味わってきた。

 だけどタイではちがう。キモオタにも生きる場所があったんだ!日本のキモオタのみなさん!あなただって私のように飛ぶことができるのです。

 

You Can Fly!

いちばん連絡をくれるのがこの3人の女子大生であった。タイムLINE(LINEのFacebookみたいなもの)をしばらく見ていたのだが左2かわいくね?

とえなねこは思い始めていた。ウドンタニーに前回来た時は実際に見て、そこまで反応しなかったのだが写真やタイムLINEを見るとなかなかイケるんじゃないの?と思い始めていた。

しかしこの3人の中でも猛アタックしてくるのは一番右のほっぺにキチュをしてくれているタイっ子であった。上の写真の左1、左2の子に注目して次の写真をみてくれ。

 

上のえなねこがハーレムかましてる写真と同じタイっ子女子である。1番左の子と左から2番目のタイっ子が写っている。

 

このタイムラインの投稿を見てみると2ヶ月前であった。つまり高校を卒業したばかりである。二人は同級生。

 

そして現在は大学に進学したといっていたのでその学費を稼ぐために夜のお仕事をしていることが想像出来る。

 


化粧はがして髪型をこのように素朴にしたら完全に上口リではないか。しかし現在は化粧をバッチリして女子高生から女子大生というババアに降格してしまい2ヶ月遅かったかというがっかり感は否めない。

口リコンにとってはこの2ヶ月という時の流れが命取りなのである。口リは2ヶ月で大きく成長し顔、骨格が変わってしまう。

 

極端な話をすると、昨日まで口リだったのが今日からは口リではないといった感じで急減に価値が暴落するのが口リなのである。

そう。それがこの彼女である。高校生時代は制服補正もあり、かなりの上口リっぷりなご様子であるが大学生になって化粧、学校の規則で定められ自由にできなかった髪型を卒業と共に大人っぽい感じへとチェンジしてしまったのも口リの価値を大きく暴落させた要因だともいえるだろう。

 

口リというものは簡単なようで簡単ではない。可愛いは作れるけど口リは作れない。そして戻ることもできないのです。そう。口リというのは切ない打ち上げ花火のようなものなのです。人生で一度きりしかやってこないのです。

 

えなねこはウドンタニーに来てることを彼女らに実はまだ内緒にしていた。なぜなら颯爽と突然えなねこが彼女らの店に現れ彼女らと再会を果たす。

このカッコよすぎるシナリオを実現するためにも彼女らにウドンタニーに再訪問していることを内緒にしていたのである。

 

もしこんなカッコよすぎる登場したら間違いなく素敵ッ!抱いてっ!ってなるよな。と一人ニタニタしながら女子大生大量オ‡ヤ(バー)へと向かう。

 

 

ニタニタしながら店に到着。しかしまだ店は準備中。椅子に座っているのはシンガポール人のオーナー。

タイ人と共同出資でこのバーを立ち上げたのだという。おしとやかな性格をしていて夜の店の特有のうざったい威圧感もなく感じの良いおっちゃんである。

あと1時間くらいしたら女の子が出勤して来るから、もう少し時間を置いてからまた来てくれ!という事なので、一旦ホテルに帰って小学生Jr.アイ ㌦動画でも見てピン子を刺激して夜に備えようとホテルへと戻る。

 

 

ホテルへの帰り道。どこかにかわいい幼女歩いてないかな〜?と指をくわえながら歩いていると遭遇!

LINEで一番猛烈ちゅきちゅきアピールしてくれているタイっ子女子がえなねこを見つけ肩を叩いてきたのだ!

 

 

一番右手前の子が猛アピールしてくれるタイっ子女子だがまったくタイプではないが性格はかなり良い。

出勤前に仕事仲間とここで食事をしていたようだ。そこで道を歩くえなねこを見つけ駆け寄ってきたのだ。

 

さらになんと今日は猛烈アピールタイっ子女子の誕生日ということで仕事前に乾杯(お祝い)していたのである。

まぁ、座れということでタイ語が飛びかう女子会の中、アウェイ感あるなと思いながらもこの場に座る。

 

 

まさにハーレムだが緊張の色は隠せない。本物のイケメンであればこの場を盛り上げることができるのだろうが、今この場に座っているのはガセイケメンだ。

そう。ただの口リコンである。

 

ウドンタニーでいきなりカッコよく登場して大盛り上がりするのを妄想していたが逆に緊張してキョドリまくり、おどおどする口リコンの姿しかそこにはなかった。

 

 

このブログは30話で完結します。そろそろ終わりが近い!?

続きッ!

口リコン上級者のタイ旅行30日間! 24話

 

 

 

えなねこのブログがもっと読みたい。
↑解決!

 

 



 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です